老犬にすすめたいドッグフードとは

老犬になると必要カロリーや食事量、味の好み、噛む力などが成犬時とは変わってきます。
そのため老齢期にはシニア用など老齢期に合ったフードに変更してあげる必要が出てきます。
老犬にオススメのフードには、動物性タンパクが豊富、グレインフリー、グルコサミン・コンドロイチン配合、プロバイオティクス・プレバイオティクス配合などがあります。

動物性タンパク質が豊富

老化現象による筋肉量の低下を防止するためには、品質の良い動物性タンパク質をしっかり摂取する事が大切です。
老犬になると食欲の低下も引き起こされるため少量でもしっかりカロリーが摂取できる必要があります。
また高品質の素材を使用したフードは嗜好性が高いため、食欲の低下した愛犬でも喜んで食べてくれる傾向にあります。

グレインフリー

犬は穀物の消化が苦手のため、穀物が配合されたフードを食べる事で胃腸に負担をかけてしまいます。
食べ物を消化するには消化酵素という酵素が必要となりますが、一生涯で生産される量が決まっているため老齢になると減少してしまう傾向にあります。
そのため老齢期になると消化不良を起こしやすくなるため、少しでも消化のよい物を与える必要があります。
グレインフリーは犬の消化性を考えられていますので、老齢期には特にオススメされます。

グルコサミン・コンドロイチン配合

グルコサミンやコンドロイチンは関節痛に利く栄養素として広く知られています。
関節痛の症状を訴える前から摂取するのが理想ですので、老齢期に入ったら摂取できるよう心がけて下さい。
ドッグフードに配合されている事が多いですので、老齢期前から摂取するのがオススメです。

プロバイオティクス・プレバイオティクス配合

健康に生活するためにも腸内環境を整えてあげる事はとても重要になります。
プロバイオティクスやプレバイオティクスなど腸内環境を整える効果のある栄養素を摂取するのがオススメです。
熱に弱い栄養素ですので、加熱後に配合したり低温加熱など配合の仕方にこだわりのあるフードを選んであげて下さい。

噛む力が低下した子には、フードをふやかしてあげるのがオススメです。
フードをふやかす事により水分量が多くなるので消化性もアップに繋がり、胃腸への負担も軽減されます。
また、ぬるま湯でふやかす事により匂いが強くなり食欲アップにも繋がります。

(参考)
年齢でドッグフードを切り替える
http://l-wing.amaretto.jp/rakugaki/ori/tuhoukago.htm