半生(半固体タイプ)のドッグフード

ドッグフードには様々なタイプの商品があります。
そのなかでも半生タイプ(セミモイストタイプ)のドッグフードには、水分量が25~35%と高く消化性が高いというメリットがありますが添加物が多いというデメリットもあります。
メリットとデメリットを理解して愛犬にぴったりのドッグフードを選んであげて下さい。

メリット

消化性が高い

セミモイストタイプのドッグフードは水分量ドライタイプに比べ多いため、消化性が高いという特徴があります。
消化性が高いということは消化器官への負担が少ない事ですので、胃腸の弱い子に大変オススメです。
また消化器官の機能が低下する老犬にも人気のあるタイプのドッグフードです。

ドッグフードのタイプ

ドッグフードにはドライタイプ、ソフトドライタイプ、セミモイストタイプ、ウェットタイプの4種類の区分があります。
基本的に水分含有量により判別されますが、ソフトドライタイプとセミモイストタイプは同じ25~35%程度となります。
(ドライタイプは10%以下、ウェットタイプは75%程度)
この二つは製造方法が異なりますが大きな違いとしては「発泡」しているかどうかです。
ソフトドライタイプのドッグフードはドライタイプと同じく加熱発泡しているため柔らかい食感が特徴ですが、セミモイストタイプは発泡していないため弾力のある食感が特徴です。

嗜好性が高い

水分量が多いフードはそれだけで匂いが強く嗜好性が高くなります。
犬は匂いで食欲が高まる動物ですので、食欲が低下している子にオススメです。
たとえば夏バテの子や老犬などフードを食べない子には進んで与えるようにして下さい。

ただ単なるわがままでフードを食べない子の場合は、フードを変更してしまうとフードを食べないと豪華になると勘違いドライタイプのフードを食べなくなります。
どうして食べないのかを見極める事が大切です。

デメリット

賞味期限が短い

セミモイストタイプのドッグフードは水分量が多いため腐敗が起こりやすいのが特徴です。
そのため開封後の賞味期限はドライタイプに比べ短く、保管にも十分に注意する必要があります。
開封後は冷蔵庫で保管し2週間で食べ切る必要があります。

添加物が多い

腐敗しやすいタイプのドッグフードですので、賞味期限を延ばすために防腐剤や合成添加物などを多く使用しています。
またセミモイストタイプはしっとりとした食感が特徴ですので、湿潤調整剤という添加物も使用されています。
このタイプはドッグフードのなかでも添加物が一番多く配合されていると言われています。

歯垢が付きやすい

水分が多いフードというのは、歯に食べかすが残りやすく歯垢が付きやすいという特徴があります。
犬は歯垢が2、3日で歯石になってしまなど、歯周病などの口腔内の病気に注意する必要があります。
このタイプのドッグフードを与える場合は、毎日歯磨きを行うなど適切な予防を行うようにして下さい。

噛む力の低下

セミモイストタイプのドッグフードはドライタイプに比べ、ほとんど噛む事なく食べる事が出来ます。
そうなると噛む力が鍛えられず、低下してしまうことになります。
そのため幼犬などこれから噛む力を付けていく必要のある子には不向きとされています。

セミモイストタイプのドッグフードはメリットよりデメリットの方が多いのが特徴のドッグフードとなります。
しかし老化や病気などからこのタイプがオススメな子もいます。
どのタイプを与えるにしても、安心して与えられるドッグフードを見つけるようにして下さい。

(参考)
半生タイプのドッグフード
http://www.tibettibet.jp/hannnama.html