輸入ドッグフード

ドッグフードには大きくわけて国産と外国産の2種類があります。
国産はもちろん日本が原産国のドッグフードで、外国産はアメリカやドイツ、カナダなど外国が原産国のドッグフードのことです。
それぞれリーズナブルな商品、品質のよい商品、高級志向の商品など幅広く取り扱われています。

国産と外国産の違い

外国産の中でもペット先進国で製造されているフードはドッグフードの製造に厳しい制限があります。
その制限により製造されたフードは、品質がよく安全なドッグフードといえます。
日本の法律はまだまだ発展途中でもありますので、その点外国産のほうが安心して購入できるのではないでしょうか。

しかし外国産のドッグフードは輸入する必要があり、その輸入方法によっては安全性や品質に問題がある可能性があるため注意する必要があります。

輸入の仕方

外国産ドッグフードの輸入方法には正規輸入と並行輸入(直接輸入)の2種類あります。

正規輸入

並行輸入は海外のドッグフードメーカーが日本の正規代理店に販売(輸入)して、日本の販売店に流通させる方法です。
よく外国産のドッグフードでは「この商品は正規品です」という文字が記載されています。
これはこの正規輸入の品である事を現しています。

正規品であれば品質は保証されていますし、メーカーによっては日本犬に合わせたレシピに変更してくれています。
並行輸入に比べ安全性の高いフードで、その分価格も高い傾向にあります。

並行輸入

並行輸入は海外のドッグフードメーカーが海外の販売店に流通させたフードを、第三者が直接輸入して日本の販売店や消費者へ販売する方法です。
いわゆる個人輸入による販売です。

並行輸入品は正規品より安く販売されているというメリットもありますが、類似品である可能性や輸入時の品質管理が悪いなどのデメリットもあります。

正規品とは違い日本向けに製造されたものではないため、パッケージも当然外国語で記載されています。
もちろん海外の犬に合わせた作りですので、日本で飼育されている犬では環境や運動量の違いから不向きな可能性もあります。

正規品は輸入の際に「犬の食事」として品質管理が行われますが、並行輸入の場合「荷物」として運ばれます。
そのため、気圧の変化や気温の変化など様々な要因がフードの劣化を招く場合があります。

もちろん並行輸入でも安全な商品もありますので、口コミなどを確認し安心できる販売店かどうかを確かめてください。