便からドッグフードを見極める

ドッグフードの相性を確認する方法に、便を観察する方法があります。
硬さや量、色、匂いなどで見極める事が出来ます。

硬さ

便が硬くコロコロとしていたり便秘気味の場合、食事内容が合わない、運動不足、消化不良、食事の量が少ないなどが原因とされています。
愛犬が元気で運動もしっかり行っている場合にはフードの種類を替えるか食事の量を増やしてあげて下さい。

逆に軟らかかったり下痢気味の場合には、食事内容が合わない、水分不足、食中毒、食事の量が多いなどが原因とされています。
この場合には、新鮮な水を用意する、フードの種類を替える、食事の量を減らすなど対処してあげて下さい。

適度な硬さはティッシュなどで持っても崩れない程度の硬さです。

量や色

食べた物を消化吸収した残りが便として排出されます。
そのため便の量や色は食べた物が反映されます。

例えば色では植物性タンパク質の多いフードでは茶色に近い色身に、動物性タンパク質の多いフードでは黒色に近い色身になります。
犬は動物性タンパク質がオススメされていますので、色は黒色に近い色が理想です。

量は消化吸収がしっかり行われればコロッとした小さな便になります。
つまり消化吸収率の高い食事を食べている子は便の量や回数が少なくなります。
犬は動物性タンパク質の方が消化吸収しやすいため、動物性タンパク質を多く含むフードを食べると理想的な便になります。

匂い

便の匂いはフードの味や体調によって変化します。
人と同じで体内で肉類が醗酵してガスを生産するために便が匂うようになります。
そのため野菜が多く含まれているフードだと、肉類中心のフードより匂いが抑えられる傾向にあります。
しかし犬は野菜より肉を好みますので、愛犬の好みをしっかり汲み取ってあげる事が大切です。

また米や小麦などの炭水化物、食べすぎ、消化不良などが原因で便の匂いが強くなる事もあります。
便の匂いも観察対象にしておきましょう。

便は体調のバロメーターともいわれるほど重要な観察ポイントです。
普段からよく観察する事により変化に気づくことができ、病気であれば早期発見につながります。
理想なフードを見つけるのにも役立ちますので、便についてはしっかり学んでおきましょう。