野菜だけのドッグフード

ドッグフードは基本的に動物性原料を主原料として製造されていますが、野菜だけのドッグフードもなかにはあります。
野菜だけのドッグフードは総合栄養食ではないため、総合栄養食のドッグフードや手作り食のトッピングとして活用します。

犬は肉食に近い雑食

犬は肉食動物であるオオカミを祖先に持つ動物のため肉食動物でしたが、人間との共生のなかで雑食へと変化していきました。
しかしもともとが肉食だったため、野菜などの消化性が低く野菜ばかりの食事は胃腸への負担となってしまいます。

また、野菜だけのドッグフードのみでは必要とする栄養素が摂取できませんので、あくまでトッピングとして活用して下さい。

野菜だけのドッグフードのメリット

野菜だけのドッグフードをトッピングするメリットとしては、野菜に含まれる栄養素の補給や、食物繊維による腸内の掃除などがあります。

栄養素の補給

野菜には良質なビタミンやカルシウムなどが豊富に含まれており、それらは健康維持に大きな役割をしています。
肉や魚ばかりを与え続けると、ビタミンやカルシウム不足による、欠乏症が起こる場合もあります。
通常総合栄養食と呼ばれるドッグフードは栄養バランスを考慮して製造されていますが、愛犬の体調を見て不足していると感じたら野菜をプラスするのがオススメです。
肥満気味で減量中の子にはかさましとして野菜だけのドッグフードをトッピングするのもオススメです。

食物繊維

野菜には食物繊維と呼ばれる消化されない成分が多く含まれているものがあります。
とくに水溶性食物繊維は水に溶けてドロドロになるため、便秘でカチカチに固まった便を柔らかくしてくれる効果があります。
また善玉菌(乳酸菌など)と一緒に摂取する事により、善玉菌のエサとなるため善玉菌の活性化の作用もあります。
水溶性食物繊維を多く含む食材としてはニンジンやゴボウなど根菜類などが挙げられます。

もちろん野菜といっても犬が食べたら危険な材料もありますので、投与には十分注意して下さい。
トッピングフードとして野菜だけのドッグフードが販売されていますので、ご家庭で用意するのが難しい場合は活用するのがオススメです。
もちろん品質の悪い野菜は体に悪影響を与えますので、信頼できるメーカーのフードを選ぶようにして下さい。
愛犬の健康促進のためにも、安全なドッグフードを与えるようにして下さい。